Yanfly氏の引退表明和訳

目次

  1. 前提
  2. 元動画
  3. 元文章書き起こし
  4. Plasmaによる翻訳
  5. 参考リンク

翻訳しました。
誤訳等のご指摘は @plasma_dark あるいは @elleonard_f までお願いします。

前提

RPGツクールMVの準公式プラグインでもあったYEPシリーズの作者Yanfly氏がRPGツクールコミュニティからの引退を表明し、自作のプラグインを有料化しました。

元動画

ブログ記事

元文章書き起こし

Now that I have 200 plugins up and released,
I think it's time I commit to my retirement
announcement that I've made a while back.

With the most recent events, I'm sad that
it's going to end this way,but I'd rather
not dwell on that.

I'll be leaving RPG Maker and its community
after this.After all,I don't intend to linger around
if I'm no longer contributing to it.

However, there's a few things I'd like
to talk about before I leave.

I want to first bring up that while I'm aware some of
you felt I didn't read your opinions and concerns
because I did not respond, rest assured, I did.

However,I simply could not find the time to respond
due to all the work that needed to be done.

Until now.
There will be three main topics of concern and I'll
address them here in the open for the world to see.

Q1.Why would you paywall just
because the actions of one thief?

Strange as it may sound,it's not because of the
thief,or else I'd have paywalled far earlier in the
past,such as the more recent Fiverr incident.

Instead,it's due to some of the principles at stake
regarding the lastest theft incident.I won't go into the
details here as it's a thing of the past.

But I will tell you that just as much as you are
disappointed in me paywalling as a response,I am as
disappointed in myself for not be able to power
through this situation the best I can.

Q2.If an individual already owns the plugins
before the paywall,can that individual keep
them? And how can old users be
distinguished from new users?

Any individual that already owns the plugins prior
to the paywall are free to keep and use them provided
they follow the new ToS regarding redistribution.

There is no way to distinguish
old users from new users.

All I can do is just believe in
whatever honor people have left.

Q3.The original mission statement of the
Patreon widly contradicts with the actions
being done here to paywall the plugins.
What do you intend to do about this?

A very good question.
In fact,this kind of thing was already in my head
from the start and I've already begun making plans.

Here is what's going to happen.

The Patreon tier lists will be all wiped clean except
for the $5 tier.Those who pledge to this tier will gain
access to the YEP Library's Full Collection.

There won't be any more sample projects,debuggers,
etc.after this and I'm sorry for any of
you individuals out there who looked forward to them.

Furthermore,the mission statement of the
Patreon will be changed.Before,I state it,let
me explain what's happening lately.

I've been spending the past week to wait for Archeia
to settle back down from her flight,flu,and her
jetlag to conduct some business.

This business involves setting up new PayPal
account accessible to her for RPG Maker usage.
What are we going to do with this PayPal?

Any post-tax earnings from my Patreon for the past
4 years and going forward will be wired to that PayPal
account.This includes any earnings from itch.io,too.

These funds,however,will only be used to hire expert
coders to support the current YEP library and to create
a new plugin library if a new RPG Maker appears.

The plugins that these coders,hired by Archeia,
produces must adhere to the following:

There must be FREE versions of plugins available to the
public containing core essential RPG mechanics.Luxury
and fluff plugins are allowed to be monetized.

BUT only if that profit gained by those plugins will be
reused in some way,shape,orform back into the
batterment of RPG Maker itself.

This does not necessarily have to be in the
form of plugins as it could also be visual assets,
audio assets,or whatever best fits their judgement.

What was previously mentioned will now become
the new mission statement for my Patreon.

In the event I catch Archeia misusing the funds
given,I will revoke access to the PayPal and
employ someone else I deem trustworthy.

However,in my opinion,there is no other
person I trust more with the future of the
RPG Maker community than Archeia herself.

But all the same,
I cannot deny my roots.

I am a game dev.

The money spent on this Patreon were from other game
devs.Therefore,the money will be reinvested back into
game devs as well.

Even if I'm no longer here,
I wish for the future of RPG Maker
to remain bright for all.

See you all later.
Happy RPG Making!

Plasmaによる翻訳

今や200のプラグインをアップし、リリースしたため、
しばらく前からしたためておいた引退表明を公表するときが来ました。

最近起きた事件について、このような形で終わるのはとても悲しいことですが、詳細に述べることはしません。

私はRPGツクールとそのコミュニティを去ります。
結局、もはや私がRPGツクールとそのコミュニティに貢献していないのであれば、私はそこに居座るつもりはありません。

しかしながら、去る前にいくつか話しておきたいことがあります。

私がまず取り上げたいのは、皆さんの中に、私が返信しなかったために皆さんのご意見やご配慮を無視していると感じた人がいる、ということに気がついたので、ご安心ください、返信しました。

ただ、完了すべき全ての作業のため、返信するための時間が単にありませんでした。

さて。
私は関心のある3つの主要なトピックについて、世界に公開します。

Q1.なぜ一人の盗人1の行動を理由に有料化するのか?

奇妙に聞こえるかもしれないが、盗人を理由としているわけではありません。もし最近のFiverr2の事件3のような盗人を理由としているならば、ずっと前から有料化していたでしょう。

それよりも、最近の盗人案件に関して問題となったいくつかの仕組み4によって有料化したのです。
過去の出来事なので、詳細についてはここでは触れません。

しかし、みなさんが有料化という対策に失望しているのと同じくらい、私もこの状況を打破するために最善を尽くせない自分に失望しています。

Q2.有料化前に個人で既にプラグインを所持していた場合、その個人はそのままプラグインを保持していても良いですか?
また、古いユーザー5と新しいユーザーはどうやって区別できるのでしょう?

有料化の前に、既にプラグインを所持しているあらゆる個人は、再配布に関する新しい利用規約に従う限り、自由にそれを保持したり使ったりしても良いです。

古いユーザーと新しいユーザーを区別する方法はありません。

私にできるのは、人々の道義心を信じることだけです。

Q3.Patreonの当初の目標宣言は、プラグイン有料化のために行われたアクションと大きく矛盾しています。
これについてどうするつもりですか?

とても良い質問です。
実際、この類のことは最初から既に私の頭の中にあって、既にプランを作り始めていました。

これから何が起こるか説明します。
5ドルのtierを除いて、Patreonのtierは全て削除します。
このtierに投資してくれる人はYEPライブラリのフルコレクションにアクセスできるようになります。

今後、それ以外のあらゆるサンプルプロジェクト、デバッガその他を用意するつもりはなく、それを楽しみにしていた方には申し訳ないです。

更に、Patreonの目標宣言を変更します。
その宣言の前に、最近何が起こったか説明させてください。

先週、私はArcheia6が飛行機による遠征、インフルエンザ、時差ボケから復帰してビジネスを行うのを待っていました。

このビジネスでは、RPGツクールを利用するために彼女がアクセスできる新しいPayPalアカウントを設定します。
我々はこのPayPalアカウントで何をするつもりでしょうか?

過去4年間の、私のPatreonからのあらゆる納税後の収入はそのPayPalアカウントに送金されます。
これにはitch.io7からの収入も含まれます。

ただし、これらの資金は、現在のYEPライブラリをサポートしたり、新しいRPGツクールがもし発表された場合に新しいプラグインライブラリを作るための専門のコーダー8を雇うためだけに使われます。

Archeiaが採用したコーダーが作成するプラグインは以下の内容を遵守する必要があります。

基盤となるRPGの仕組みを含むプラグインの無料版が公開されていなければなりません。
高級な拡張プラグインは収益化しても良いです。

ただし、それらのプラグインによって得た収益が、何らかの手段や形でRPGツクール自体の改善に利用される場合に限ります。

これは必ずしもプラグインという形でなくてもよく、視覚的なアセットや音声アセット、あるいは彼らの判断で最も適したあらゆる形式が許可されます。

以上が、私のPatreonにおける新しい目標宣言になります。

もしArcheiaが資金の誤った使い方をしていることが発覚した場合、PayPalへのアクセス権を剥奪し、信頼に足る他の誰かを雇うでしょう。

しかし、私の考えでは、RPGツクールコミュニティにおいて将来に渡ってArcheiaその人以上に信頼できる人物はいません。

結局、私は自分のルーツを否定できません。9

私はゲーム制作者です。

Patreonから得たお金は、他のゲーム制作者からのものでした。
したがって、この資金はゲーム開発者にも還元されるでしょう。

もし私がここにいなくなっても、RPGツクールの輝かしい未来を祈っています。

それでは、また会う日まで。
良いRPG制作を!

参考リンク


  1. Yanfly氏のプラグインを勝手に販売した輩がいるらしい
  2. クリエイターがポートフォリオを公開したりコンテンツを販売できるプラットフォーム。
  3. FiverrでYanfly氏のプラグインを含む無料のプラグインセットや他のアーティストのグラフィックを販売している輩がいたとのこと。参考記事
  4. ちょっと訳が怪しい。フリー配布と勝手に販売される仕組みのことを言っている?
  5. 有料化前からプラグインを所持しているユーザー。
  6. Spooky Archeia。RPGツクールMVプラグイン作者の一人。
  7. インディーゲームを中心としたゲーム販売プラットフォーム。itch.io
  8. いわゆるプログラマ。
  9. 文脈に対してあまりにも唐突だが、文章を〆にかかっているだけか?